2016年9月

配偶者ビザを取得して来日した夫の現在

配偶者ビザを取得して来日した夫の現在

(公開: 2016年9月13日 (火))

私の国際結婚した夫、まだ学生やっています。全国屈指の医学部進学率を誇る
アメリカの私立高校を卒業後、1年の浪人期間を経てイギリスの有名国立大学
工学部に進学しました。でも、そこでの期間が長かったです。

神経症を患い、留年や休学の後、ついに退学。地元で私立大学を受け直して、
教員を目指して未だに学業に励んでいます。私と結婚して、配偶者ビザを取得
しました。

なぜ教員か。ひとつには、妻の私が教員をやっていて、ラクそうだから。
やりようによりますがね。

彼はアメリカ人なので、英語の教師になろうとしています。まぁ昨今では
教員の質も落ちたと言われますし、偏差値65の人からしてみれば、中学
レベルまでは全教科教えることができるでしょう。

また、彼は教育大学の附属中学校出身であるため、一流の教育というもの
を見てきたという自負があるわけです。

そして、有名大学工学部を途中でやめて地元に帰るのだから、地元の私立
大学の同じ工学部では明らかな挫折が経歴から見てとれてしまいます。

いっそ教育学部にしてしまえば進路変更という体裁を保てるのではないか、
という判断でした。

これからもがんばってほしいとは思いますが、配偶者ビザを取得してから、
私が稼いでいるのですがね。